尿中抗体によるH.pylori検査の学校検診への導入は有用であることが示された。また、鳥肌胃炎を呈する若年者ではペプシノゲン(PG)値を測定することで、未分化型癌のハイリスク患者を抽出できる可能性も示された。信州大学の岡村卓磨氏が、第22回日本消化器関連学会週間(JDDW2014、10月23〜26日、神戸開催)で発表した。

高校生の学校検診にH.pylori感染スクリーニング導入は有用の画像

ログインして全文を読む