4枚の鉛防護布で作成した放射線防護具によって、検査室での散乱線量を50分の1にまで低減できることが示された。広島赤十字・原爆病院消化器内科の古川善也氏らが、第22回日本消化器関連学会週間(JDDW2014、10月23〜26日、神戸開催)で発表した。

鉛防護布による放射線防護具で散乱線量が50分の1にの画像

ログインして全文を読む