核酸アナログのエンテカビルで治療中のB型慢性肝疾患においては、治療開始24週時のαフェトプロテイン(AFP)が肝細胞癌の発癌予測因子になり得る可能性が示された。多施設共同研究の結果で、大阪大学消化器内科学の山田涼子氏らが第22回日本消化器関連学会週間(JDDW2014、10月23〜26日、神戸開催)で発表した。

AFPはエンテカビル治療中B型慢性肝疾患における肝発癌予測因子の画像

ログインして全文を読む