植込み型除細動器の誤作動による我が国での失神の発生率は約0.5%だった――。これは第79回日本循環器学会(4月24〜26日、大阪開催)のミート・ザ・エキスパート4「失神患者の診断と治療」で、藤田保健衛生大学循環器内科教授の渡邉英一氏が報告したもの。

除細動器の誤作動による失神の発生率は約0.5%の画像

ログインして全文を読む