ST上昇型心筋梗塞(STEMI)患者の救命率を上げるための次なるポイントは、最初の医療施設に患者が着いてから他院に向けて出発するまでの時間(door-in to door-out:DIDO)であることが示された。済生会熊本病院の中尾浩一氏が第79回日本循環器学会(4月24〜26日、大阪開催)で発表した。

DIDO時間短縮がSTEMI患者救命率向上の次なるターゲットの画像

ログインして全文を読む