非アルコール性脂肪肝炎(NASH)ではインスリン抵抗性も一因と考えられている。そこで、その改善が期待できるとされるピオグリタゾンやメトホルミン、脂肪肝治療薬に位置付けられる半合成胆汁アナログのオベチコール酸などが使用されている。そうした中、米Swedish Medical CenterのKris V. Kowdley氏らが、ビタミンEがそれらと同等にNASHに伴う病理組織学的な所見や炎症を改善することを、欧州肝臓学会(EASL2015、4月22〜26日、ウィーン開催)で報告した。

ビタミンEのNASHへの効果はピオグリタゾン、メトホルミンに匹敵の画像

ログインして全文を読む