核酸アナログ製剤による治療でHBe抗原が陰性化したB型肝炎患者に、ペグインターフェロン(PEG-IFN)の48週治療を追加することで、HBs抗原陰性化とHBsセロコンバージョンの達成率が向上することが示された。フランスHopital Saint JosephのMarc Bourliere氏らが、第3相試験PEGAN studyの結果として、欧州肝臓学会(EASL2015、4月22〜26日、ウィーン開催)で発表した。

核酸アナログによるHBe抗原陰性例への48週インターフェロン追加は有用の画像

ログインして全文を読む