アルコール依存症患者にバクロフェンを1年にわたって投与したところ、アルコール消費量が大幅に減り、飲酒に関連するマーカーの値や肝機能などが改善した。フランスCentre Hospitalier Intercommunal CreteilのCamille Barrault氏らが、欧州肝臓学会(EASL2015、4月22〜26日、ウィーン開催)で発表した。

アルコール依存症、バクロフェンで飲酒量が激減の画像

ログインして全文を読む