現在開発中のDPP-4阻害薬で週1回服用のオマリグリプチンは、1日1回服用のシタグリプチンと比べて効果は非劣性であり、安全性についても有意な差はなかった。日本人2型糖尿病患者を対象とした試験の成果で、米Merck Sharp & Dohme社のI.Gantz氏が第50回欧州糖尿病学会(EASD2014、9月16〜19日、ウィーン開催)で報告した。

週1回投与DPP-4阻害薬オマリグリプチンの効果はシタグリプチンに劣らないの画像

ログインして全文を読む