ナトリウムグルコース共輸送担体(SGLT)2阻害薬のダパグリフロジンは、レニン・アンジオテンシン系(RA系)阻害薬を服用する2型糖尿病患者でも、血糖降下とともに降圧作用が期待でき、電解質異常や高尿酸血症の問題も見られなかったことが示された。米Bristol-Myers Squibb社のTraci.A.Mansfield氏が第50回欧州糖尿病学会(EASD2014、9月16〜19日、ウィーン開催)で発表した。

RA系阻害薬服用患者におけるダパグリフロジンの忍容性は良好の画像

ログインして全文を読む