閾値下うつ病を有する糖尿病患者に対し、糖尿病の苦痛の軽減を目的とした認知行動療法プログラム(DIAMOS)を行った結果、抑うつ症状が軽減し、大うつ病の発症リスクも低下することが示された。ドイツDiabetes Center MergentheimのAndreas Schmitt氏が、第50回欧州糖尿病学会(EASD2014、9月16〜20日、ウィーン開催)で発表した。

認知行動療法は閾値下うつ病のある糖尿病患者の苦痛を低減の画像

ログインして全文を読む