心血管疾患の既往があり血糖コントロールが不良な2型糖尿病患者を対象に行われた大規模無作為化比較試験「EMPA-REG OUTCOME」の詳細な結果が報告された。SGLT2阻害薬であるエンパグリフロジンの心血管アウトカムを評価したもので、ベースラインの心不全の有無にかかわらず一貫した効果が得られたことも明らかになった。米Yale University School of MedicineのSilvio E Inzucchi氏らが米国心臓協会学術集会(AHA2015、11月7〜11日、オーランド開催)のLBCTで発表した。

エンパグリフロジンによる心血管アウトカムの詳細公表の画像

ログインして全文を読む