薬剤溶出ステント(DES)による大腿膝窩動脈の血管内治療(EVT)を実施した患者に対して、術後の1年間、アスピリン+チエノピリジン系薬の2剤併用にシロスタゾールを上乗せしたところ、2剤併用に比べて再狭窄のリスクがほぼ半減したと、近江八幡市立総合医療センター循環器科の全完氏らが米国心臓協会学術集会(AHA2015、11月7〜11日、オーランド開催)で発表した。

DES血管内治療でも抗血小板薬で再狭窄減少の画像

ログインして全文を読む