心不全の新しい治療薬として注目される心筋ミオシン活性化薬(Omecamtiv Mecarbil:OM)において、安全性と忍容性が確認され、心機能指標の改善も観察されたことが報告された。COSMIC-HF試験の成果で、University of California San FranciscoのJohn R Teerlink氏らが米国心臓協会学術集会(AHA2015、11月7〜11日、オーランド開催)で発表した。

心筋ミオシン活性化薬で慢性心不全患者の心機能指標が改善の画像

ログインして全文を読む