自宅での食事回数と糖尿病リスクの関連について調べた結果、自宅での食事回数が多いほど2型糖尿病リスクは減少し、体重の増加が少ないことなどが示された。米Harverd T.H.Chan School of Public HealthのGeng Zong氏らが米国心臓協会学術集会(AHA2015、11月7〜11日、オーランド開催)で発表した。なお、この発表は学会のPoster Winnerを受賞した。

「自宅での食事回数」が多いほど2型糖尿病リスクは有意に減少の画像

ログインして全文を読む