日本人のC型慢性肝炎患者において、直接作用型抗ウイルス薬(direct-acting antiviral agents:DAAs)であるNS5A阻害薬ダクラタスビルとNS3プロテアーゼ阻害薬アスナプレビルの併用療法の著効(sustained virologic response:SVR)率は、初回治療例では89%、前治療再燃例では96%だったことが報告された。これは国内第3相試験の結果で、広島大学の茶山一彰氏らが米国肝臓学会(AASLD2014、11月7〜11日、ボストン開催)で発表した。

C型慢性肝炎、日本人初回治療例でのダクラタスビル・アスナプレビル併用療法の著効率は89%の画像

ログインして全文を読む