救急を受診したベビーブーマーの7割もが、自らのC型肝炎ウイルス(HCV)の感染の有無を知らないことが明らかになった。米アラバマ大学バーミンガム校救急科で実施したC型肝炎ウイルススクリーニングと面接調査の結果、明らかになった。同科のDerek E. Wells氏らが、米国肝臓学会(AASLD2014、11月7〜11日、ボストン開催)で発表した。

救急受診のベビーブーマー世代、7割は自らのHCV感染の有無を知らないの画像

ログインして全文を読む