過去にインターフェロン(IFN)を含む治療が無効だった肝硬変患者に対する治療として、sofosbuvirとledipasvirの併用が有効であることが示された。フランスSaint Joseph病院のMarc Bourliere氏が、米国肝臓学会(AASLD2014、11月7〜11日、ボストン開催)で発表した。

既存治療無効の肝硬変にsofosbuvirとledipasvirの併用が有効の画像

ログインして全文を読む