太極拳が非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)の症状改善に貢献することが示された。8週間にわたり太極拳を実施した群と実施しなかった群について比較検討した結果で、米Virginia Commonwealth UniversityのAngelo H. Paredes氏らが米国肝臓学会(AASLD2014、11月7〜11日、ボストン開催)で発表した。

太極拳は非アルコール性脂肪肝疾患の症状改善に貢献の画像

ログインして全文を読む