肝移植前のうつ病の重症度が移植患者の長期予後に影響を与える可能性が示された。米University of PittsburghのShari S. Rogal氏らが、自施設における肝移植患者を後ろ向きに解析した結果を、米国肝臓学会議(AASLD2014、11月7〜11日、ボストン開催)で報告した。

肝移植後の死亡を減らす介入可能な因子は移植前のうつ病の画像

ログインして全文を読む