肝硬変患者において服薬アドヒアランスを規定する因子は、治療法や治療薬に関する総合的な知識、腹部症状、倦怠感、情緒機能であることが示された。オーストラリアSt George HospitalのSuzanne Polis氏らが実施した調査結果で示されたもので、米国肝臓学会(AASLD2014、11月7〜11日、ボストン開催)で発表した。

肝硬変患者の服薬アドヒアランスは肝硬変症状に左右されるの画像

ログインして全文を読む