筋量や筋力が低下した状態であるサルコペニアは、男性の肝硬変患者で有意に多いことが示された。サルコペニアのある肝硬変患者では、肝性脳症や肝腎症候群など肝硬変に関連する合併症や入院が多いことも分かった。ドイツHeidelberg大学のThomas Zimmerer氏が米国肝臓学会(AASLD2014、11月7〜11日、ボストン開催)で発表した。

男性の肝硬変患者でサルコペニア合併が有意に多くの画像

ログインして全文を読む