日本では、高齢化の進展に伴い認知症患者が増え続けています。認知症対策が、国を挙げて取り組むべき重要な課題であることは明らかですが、一方で世間で言われている「認知症の脅威」なるものの本質はどこにあるのだろう、と考えさせられます。

 6月14日から京都で開催された第60回日本老年医学会学術集会で、そのことを考えさせられる報告が、群馬県沼田市の大誠会内田病院の田中志子理事長からありました。

 レビー小体型認知症のある女性患者が、前医にパーキンソン病と誤診され、ドパミンなどが処方されていました。しかし、治療に反応しないことを理由に内田病院に転院してきました。この転院にあたっては、「(元の病院では)お母さんが死んでしまう」という患者の娘さんの意向が強く働いたとのことでした。

 内田病院は診断の誤りを正し、症状コントロールを目的に処方されていた多くの薬剤を整理しました。転院当初、患者は周囲からの呼びかけにも応じず、視線を医療スタッフに向けることはない、いわゆる無動状態でした。しかし、絶え間ない声かけとリハビリを繰り返すことによってADLも向上し、自分の意思を表明できるまでに回復したそうです。

 続けて

ポリファーマシーが認知症を複雑化させているの画像

ログインして全文を読む