「在宅医療いつ始めるか? 今でしょ!」――。

 約2年前、2016年度診療報酬改定を受けて上記のタイトルで本コラムを執筆したところ、「表現が古い」と却下されてしまった。今回は2018年度診療・介護報酬同時改定を踏まえて本稿を執筆しているが、やはり同じタイトルをつけたい思いに駆られている。それほどに、在宅医療の提供実績が評価される改定内容となった。

 例えば、診療報酬の地域包括ケア病棟入院料では入院料が2区分から4区分になり、「地域包括ケアに関する実績」を満たす200床未満の病院のみ、180〜200点高い入院料を算定できるようになった(関連記事:救急病院が勤務医による在宅医療を重視する理由)。地域包括ケアに関する実績とはすなわち、訪問診療や訪問看護、介護サービスなどの提供実績のことだ。

 外来医療の報酬である地域包括診療料・加算では、通院困難になった外来患者に訪問診療を提供し、診療を続けている実績がある場合、より高い点数を算定できるようになった。

「施設」なのに居宅の報酬を算定…なぜ?の画像

ログインして全文を読む