スイスNovartis社の白血病治療薬「KYMRIAH」(一般名:tisagenlecleucel)が米国で約5000万円の薬価を付けられたり、国内でもバイオジェン・ジャパンの脊髄性筋萎縮症治療薬「スピンラザ」(ヌシネルセン)が1瓶930万円の薬価が認められるなど、高額な新薬の話題が相次ぎ、医療費の観点から「全ての国民に同一価格で等しく医療を提供する」皆保険制度が本当に持続可能なのか、と心配する声はちらほらと耳にするようになった。だが、「価格」ではなく、「等しく医療を提供する」という観点から、皆保険が維持できるかどうかという議論はあまり話題に挙がることがない。

人口減少は国民皆保険を崩壊させるか?の画像

ログインして全文を読む