近年、献体された遺体を相手に手術手技を施すサージカルトレーニングに注目が集まっている。政府の2018年度予算では、「実践的手術手技向上研修事業の推進経費」として概算要求5億1000万円が盛り込まれた。国も重点を置きたい分野なのだろう、前年度予算(4500万円)の10倍以上に跳ね上がった。


臨床医が解剖学に立ち返るときの画像

ログインして全文を読む