未曾有の働き手不足に陥りつつある日本。2017年4月、ハローワークにおける全業種の有効求人倍率がバブル期(1980年代後半)のピークである1.46倍を超えた。バブル崩壊後、有効求人倍率はしばらく低迷し、2008年にはリーマンショックの影響による就職氷河期を迎えたが、2010年以降の景気回復とともに上昇傾向にあり、「バブル期超え」の4月以降も2017年10月時点で1.55倍と伸び続けている。

未曾有の求人難でも採用に困らない病院の秘策の画像

ログインして全文を読む