2018年度診療報酬・介護報酬改定の双方で検討されているテーマの一つに、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)などに併設した医療機関や介護事業所が入居者に医療・介護サービスを提供する場合の報酬の引き下げがあります。住宅型有料老人ホームやサ高住などに診療所や訪問介護事業所などを併設し、訪問診療や訪問介護を提供している法人は少なくありません。こうした高齢者住宅併設型の事業モデルは、2018年度同時改定による減収に今から備えておく必要がありそうです。

同時改定で狙い撃ちされる「高齢者住宅併設型」の画像

ログインして全文を読む