先日、日本医療機能評価機構の医療政策勉強会で、米国の医師の働き方について話を聞く機会があった。演者は、ハーバード大学マサチューセッツ総合病院で循環器内科指導医を務める島田悠一氏。この勉強会で同氏は、米国で研修医に労働時間規制が敷かれるようになった経緯と、常に規制の見直しが続けられている現状を紹介した。

医師の“至適労働時間”は週60〜80時間?の画像

ログインして全文を読む