8月2日に厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」の初会合が開かれた。政府が今年3月に策定した「働き方改革実行計画」では、時間外労働の上限を法律で定め、罰則による強制力を持たせて長時間労働を是正する方針だ。秋の臨時国会にも労働基準法改正案などの関連法案が提出されるとみられる。ただし、医師については「時間外労働規制の対象とするが、医師法に基づく応招義務等の特殊性を踏まえた対応が必要」として、規制の適用が改正法施行の5年後をめどに先送りされた。時間外労働に上限を設けることで応招義務を果たせなくなるといった懸念を踏まえての対応だ。

働き方改革の議論に必要な「対患者」の視点の画像

ログインして全文を読む