6月14日から16日まで名古屋市で老年医学関連3学会の合同総会が開催されました。最も多くのセッションが組まれ、たくさん議論されたのは認知症でした。中でも、認知症と糖尿病の関係は幾つも演題が発表され、注目を集めていました。個人的に非常に興味深かったのは、「感覚器エイジングサイエンスの最前線」というセッションでした。特に興味深く拝聴したのが、鼻と耳です

蒸れた靴下とバラの匂い、認知症でも分かるのはの画像

ログインして全文を読む