日ごろはバイオテクノロジーの専門誌『日経バイオテク』(1981年創刊)の編集などに携わっています河田と申します。今回の記者の眼では、論文の分析は人工知能(AI)が生産性向上に寄与するという話と、タカヂアスターゼやアドレナリンを発見した高峰譲吉の話題をお伝えしましょう。

アドレナリン発見者の高峰譲吉とトヨタMIRAIの画像

ログインして全文を読む