1954年に大阪市城東区に大道医院を開業して以来、リハビリテーション病院の新設や在宅医療の開始など、先駆的な取り組みを手掛けてきた社会医療法人大道会。2006年には、急性期医療と回復期リハビリ医療を併せ持つ森之宮病院のほか、PET(陽電子放射断層撮影)専門施設の森之宮クリニックを相次いでオープンしました。さらに2007年、都市型リハビリ病院の先駆けといえるボバース記念病院の機能見直しや改装を行いました。

従来の人材では医療・介護大改革を乗り切れないの画像

ログインして全文を読む