『日経メディカル』2017年5月号の「判例に学ぶ医療トラブル回避術」というコラムで弁護士の北澤龍也氏が、専門細分化が進みゼネラリストが少ない日本の医療の欠陥を象徴する過誤事例を紹介している。

医師はスペシャリストの前にゼネラリストたれの画像

ログインして全文を読む