医師は治療の有効性や副作用などの情報にアクセスしやすく、検査値の意味も理解しているため、治療法を選択する際の迷いは一般の人よりも少ないのだろう。医療提供する側の医師が癌患者になった場合、化学療法に対する姿勢は変わるのか、実際に調査を行った医師がいる。

癌になった医師は化学療法を受けるのかの画像

ログインして全文を読む