訪日外国人に我が国の質の高い医療を提供し、外貨を獲得する目的で政府は医療ツーリズム体制の整備を急速に進めている。広報の成果か、日本の医療を受けようと様々な国から多くの外国人が日本の医療機関を訪れるようになっているが、その一方で、外国人診療に携わる医療者からは日本の公的医療保険制度への影響を懸念する声が挙がっている。「一部の訪日外国人が日本の保険医療制度の隙をつき、公的医療保険を利用して高額な医療を受けている。国内の医療費が膨らみ続ける中、こうした事態を見過ごしてしまってよいのか」という指摘だ。

訪日外国人が突いた医療保険制度の隙の画像

ログインして全文を読む