医療・介護の経営情報誌『日経ヘルスケア』3月号で、診療所が外来診療で生き残るための集患・増患策を紹介した。一般診療所が増え続ける一方、外来医療需要は間もなく頭打ちになる見通しで、診療所の置かれた状況は厳しい。こうした中で現在も外来患者を増やし続けている診療所の取り組みを取材したところ、ある共通点を見つけた。

はやる診療所が漏れなくやっていた「あること」の画像

ログインして全文を読む