オンライン署名運動サイト「change.org」で現在、学校や研究機関で行われるパワーハラスメント、いわゆるアカデミック・ハラスメント(アカハラ)を問題とした署名キャンペーンが行われている。この署名キャンペーンの発起人の1人が、ある国立大学工学系で助教を務めるA氏。A氏がキャンペーンを始めたのは、ある教員に、学生や他の教員に対して怒号を浴びせたり、指導を行わないなどの問題行動があり、うつ病になる人が複数出ていることを目の当たりにしたことからだ。

なくならないアカハラ、学外機関設置で予防をの画像

ログインして全文を読む