「子どもと一緒に走りたくて、今回参加を決めました」──。11月11日から13日までの3日間、明海大学浦安キャンパス(千葉県浦安市)で開催された「ランニングクリニック2016」に参加した、40代の下肢切断者はこう語る。クリニックでは下肢切断者14人がスポーツ用義足を装着して、パラリンピック金メダリストとともにサッカーなどに取り組んだ。主催は義肢装具メーカーのオットーボック・ジャパン。

「ランニングクリニック」を知っていますかの画像

ログインして全文を読む