Choosing Wisely(チュージング・ワイズリー)という言葉を聞いたことがあるだろうか。これは2012年、米国内科専門医認定機構財団(ABIMF oundation)が始めたキャンペーン。ざっくり言えば、「根拠に乏しいにもかかわらず実施されている過剰な医療行為をEBMの観点から見直す」という活動だ。

過剰医療にメス!日本版Choosing Wiselyが始動の画像

ログインして全文を読む