「地域医療連携の記事は、あまり読まれないなぁ……」。日経メディカルの姉妹誌で、医療・介護経営の分野をカバーする『日経ヘルスケア』の編集部では、ひと昔前まで、そんな会話がよく交わされていた。確かに当時、医療連携関連の記事を載せても、読者の反応は必ずしも良くなかった。記事の出来の問題なのか、そもそも関心を持たれなかったのか、実際のところはよく分からないが後者の理由もあるように思えた。「連携は大切だけど、そこまで力を入れなくても病院を経営していけるから」――。取材先の話を伺っていると、そう捉えられているように感じた。

ひと味違う慈恵医大の地域連携室の画像

ログインして全文を読む