診療所では、多忙な院長が1人で制度設計から運用までを担うことも多く、そもそも人事評価制度の導入自体が容易ではない。しかも、運用を誤ると職員のやる気を削いだり、評価結果を巡って職員間がギスギスするなど、かえって職場の雰囲気を悪化させかねない。リスクを承知の上で、院長たちはなぜ人事評価制度を取り入れようとするのか――。

人事考課に「同僚評価」を採用した診療所の狙いの画像

ログインして全文を読む