「今のリハビリは、患者の求めるリハビリとはかけ離れている」──。こう語るのは日本慢性期医療協会会長の武久洋三氏だ。武久氏が代表を務める平成医療福祉グループの回復期リハビリ病棟では、在宅復帰機能を強化するため、摂食嚥下機能と排泄機能の訓練に力を入れる、独自のリハビリ手法を取り入れるようになった。

ログインして全文を読む