「SGLT2阻害薬って6種類も出ているけど、製品間で差があるの?」。「糖質制限食は短期的には体重減が期待できて良いと思うけど、長期間行って問題はないの?」──。日々の糖尿病診療では、新たな疑問が次々に生じます。このようなクリニカル・クエスチョンをピックアップして、最新の知見に基づいて解説した書籍『最新 糖尿病診療のエビデンス』が、新たに弊社から発行されました。著者は、聖路加国際病院内分泌代謝科の能登洋氏です。

糖尿病診療の最新エビデンスを厳しく評価した書の画像

ログインして全文を読む