昨今、保険薬局に対する世間の風当たりは強い。昨今といっても、実は「調剤バッシング」という言葉が盛んに使われるようになったのは2000年ごろなのだが、今年に入って、薬局の「失態」が相次いで全国紙で報じられている。

医師も思わず唸ってしまう薬局発の健康情報誌の画像

ログインして全文を読む