今年6月、英国の理論物理学者スティーブン・ホーキング博士が「私はひどい苦痛を感じたり、貢献できることが何もなくなり、周囲の人の負担になっていると感じた場合は、自殺幇助を検討するだろう」とコメントしたという海外メディアのニュースが筆者の目に入ってきた。

患者に「死にたい」と懇願される前にできることの画像

ログインして全文を読む