大阪府立急性期・総合医療センターは6月25日、同センターで発生した薬の取り違えによる死亡事故の詳細を明らかにした。昨年12月、入院患者にセフェム系抗菌薬のマキシピーム(一般名セフェピム)を投与すべきところ、誤って筋弛緩薬のマスキュレート(ベクロニウム)が投与され、患者はその後死亡した。5月には薬剤師と看護師2人、計3人が業務上過失致死容疑で書類送検された。

後発品の供給不全をきっかけに起きた死亡事故の画像

ログインして全文を読む