C型慢性肝炎の治療が今、急速に進化している。高い抗ウイルス効果を持ち、経口投与可能な直接作用型抗ウイルス薬(DAAs)が続々登場。従来よりも短期間で、かつインターフェロンの投与なしにウイルスを排除することができるようになった。しかし、ウイルス排除を達成する前に、肝臓の線維化が進んだ患者については、発癌のリスクが懸念される。また肝硬変の患者の中には、DAAsの適応外となり、利用できない者も少なくない。

ログインして全文を読む