医療系の記者をしていると、「門前の小僧習わぬ経を読む」のごとく、何らかの愁訴を聞くと、思わず、どんな疾患であろうかとあれこれ考えてしまう。

あの先生の診断が当たるのには訳があるの画像

ログインして全文を読む