慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)は、医療費助成の対象になる指定難病の1つだ。肺動脈に詰まった血栓が器質化して慢性的な閉塞を起こし、肺高血圧を合併する。我が国での患者数は2013年度で2140人と報告されているが、深部静脈血栓症や肺塞栓患者の増加とともにCTEPHも毎年増える傾向を示している。

ログインして全文を読む